⑧4コマ漫画と8コマ漫画とどっちがウケる?

前回、昔書いた漫画をアップしましたが、

あれが8頁の漫画だったのですが。

 

漫画のページ数って決まっているんですよ。

短編だと8頁で、以降、16頁、32頁という感じです。

それ以外は、4コマ漫画みたいな感じですね。

 

今日は、恥を忍んで前回の漫画の「コマ漫画」バージョンを公開します。

いつかまた恥ずかしくなって引っ込めてしまう前に、

早めに読んでおいてください。笑

 

ボケ&ボケだと笑いどころがわからんらしい

いや、本当はずっと8頁で書きたかったんですけどね。

当時、持ち込みに行った編集者が、

「キミ、勉強のため4コマ漫画かきなよ。」

みたいに言ってきたんですよね。。。苦笑

 

あんな感じのボケ&ボケの漫画を8頁も書くと、

だんだん「だれて」くるそうでして、

笑いどころがわからない淡々としたストーリーが、

8頁も続くとキツイということらしいのです。笑

 

4コマ漫画は長編漫画の練習にもなるから、

という編集者さんの強い勧めで、

コマ漫画を描いてみたのがこちらです。

タイトルは「僕と先輩」です。

同じく1998年ごろの作品です。

 

僕と先輩(1)

 

僕と先輩(2)

 

僕と先輩(3)

 

僕と先輩(4)

 

結論=4コマ漫画は難しい

まあ、当然ながら編集者さんの感想は、

言うまでもない内容でして・・・、

そもそも「どうして8コマなんだ?」って言う話ですよね。笑

 

結論から言うと、4コマ漫画って難しいんですよ。

起承転結を意識すればするほど難しい。

 

しかも、起承転結だとわかってるから、

なんだかわざとらしい作品になっちゃって、

書いてる途中で嫌になる。

 

やっぱり、4コマで面白い漫画を書こうと思ったら、

かなり実力が必要ですね。

いやあ、漫画家挫折して良かったですわ。

わっはっは!

Twitterでフォローしよう