【山梨 ほうとう】庄屋乃店・・・スキー帰りには最高の店かも

スキーに行ったのは、山梨だったんですが。

もう20年ぶりのスキーで足はつるわ、寒いわで、へとへとになったわけですが、それでも山梨に来ると毎度食べたくなる「ほうとう」。

どこかいい店がないかなと思ったら、ちょうどよく通り道にありました。

 

郷土料理・ほうとう「庄屋乃店」

スキー場に行くときに、目に入った店です。

帰り道でふと思い出して、ここに行こうってことになりました。

夜でも目立つ、どでかい看板があってよかったです。笑

駐車場も余裕アリです。

ぜんぜん、問題なく停められました。

幸いなことに、けっこうガラスキ状態で、お客さんも2、3組でしたね。

というわけで、さっそく入店。

もう、お腹減ったし寒いし、温まりたいですねー。

お店の雰囲気は「田舎感」出てて、すごく良いです

お店に入ったとたんに、暖かい空気がふんわりと、疲れて冷え切った体を包み込みます。

しかも、すごく雰囲気も良い、田舎のおばあちゃんの家に言った気分です。笑

客席は全て、座敷です。

いちおう、混雑した時の為にテーブル席も奥の方にあったんですが、空いている時はクローズしてました。

足が痛いので、掘りごたつが良かったんですが、そんな贅沢は言ってられません。苦笑

しかし、雰囲気がいいです。

BGMが、どこからもってきたのか「田舎」っぽいBGMで、これがまたいいんですよ。

こんな有線有ったかな。?

CDで売ってたらほしいくらい。笑

 

気になるメニューは「ほうとう」と「馬刺し」

お店のメニューはこちらです。

気になるのは、馬刺しですね。

ウチの妻も、気が合いましたねえ。

「馬刺し」を食べようってことになりました。

もちろん、ほうとうも注文。

一つの鍋に2人前もできるし、それぞれ1人前ずつ、違う鍋にもできるようです。

今回は、1つの鍋で「富士桜ポークほうとう鍋」二人前にしました。

 

馬刺しは最高!また食べたい。。。

馬刺しなんて、久しぶりです。

で、さっそく食べてみますと、なんとやわらかいこと!

こんなに馬刺しって柔らかくて、旨味があったかなと。

これはぜひまた「食べたいなあ」って本気で思いました。

子供の頃に実家で、たまに父親が酒と一緒に食べてて、それを少し食べる程度だったんですが。

その時は、もう少し弾力があって、味もアッサリだった記憶があるんですよねー。

こんなに旨味があって「おいしいなあ」って感じじゃなかったような気がします。

やっぱりスーパーで売っているものとは違うんでしょうね。苦笑

 

メインのほうとうは煮込んでから食べよう!

そしてメインの「ほうとう鍋」です。

これ、5分くらい煮込んでから食べるとベストな「食べごろ」だったようでして。。

すこし早く食べちゃったのか、麺がゴワついてました。苦笑

最初のうちは、けっこうコシのある麺だねえと思っていたんですが、単に食べるのが早すぎたんです。

10分くらい過ぎたら、だいぶ、食感が良くなってきました。苦笑

しかも、けっこう麺がたくさん入ってます。

十分のボリュームとおいしさです。

 

余談ですが、レジの時に、「少し金額が安かったんじゃないか?」って妻が言うんですよね。

たしかに、メニューの金額を見ると、実際にはもう数百円高いんじゃないかと。

もしかしたら、鍋を一つにすると、すこし金額がサービスになるのかもしれませんね。

というわけで、また来たいですねー。

Twitterでフォローしよう