車のシートの色の選び方

先日ディーラーに行ったときに、

多分、お客さんの車だと思うのですがアウディA5が駐車してありまして、

そこで目を引いたのはブラウン色のレザーシートでした。

それをみて「やっぱりブラウンは格好いいなあ」って思いました。

 

シートの色は基本的には好みの問題だと思いますが、

好みだけで決めると、後々で問題も起こる場合もあるのです。

というわけで、今日は車のシートの色の話です。

 

世の中で一番多い車のシートの色は黒かグレー

今乗っているQ2、A3はシートの色は黒です。

ていうか、最近は黒かグレーのシートばかりです。

昔はベージュとかブラウンとかこだわってましたが、

最近は色へのこだわりが消えつつあります。笑

https://audi-journey.com/gaisha-lezer-seat/

ちなみに、世の中の多くのカーオーナーは黒かグレーのシートを好むようです。

流通が一番多いのも黒かグレーですよね。

もしかしたら決して好みではないかもしれませんが、

見慣れている色ですし、無難だから選んだという理由かもしれません。

売却する時も無難な色の方が高く売れるらしいですしね。

 

あとは購入時にオプションになくて黒かグレーしか色の選択の余地がないとか、

そういう理由もあるでしょうね。

 

黒色のシートは汚れが目立つ?

ところで、黒いシートは汚れが目立つという噂もありますが、

実際のところはどうでしょうか。

 

結論から言うと、黒のシートだからと言って、

汚れが目立つということはありません。

まあ当然ですが、使い方に寄るのだと思います。

我が家には小さい子供がいませんから、靴のままシートに上がったり、

シートを靴で蹴飛ばしたり、そういった「汚す原因」がないのです。

 

タヌコさんという柴犬がいますが、ウチは基本的にシートには載せません。

普段は助手席の床の部分に載っています。

まあ、その方が急ブレーキの時とかに安全だからです。

 

あと、たまにシートに座らせる時は、敷物を敷いてるので、

やはり汚れることはありません。

ただし、なにかの拍子に靴がシートと擦れた時は白い線がシュッと入ってしまうので、

後からウエットティッシュなどで拭き取ったりします。

そういう時はやっぱり黒は汚れが目立ちますね。

 

でも、印象として黒はスポーティーなイメージがありますね。

アウディもS-lineになると内装色は黒です。

今のA3がs-line仕様です。

シートも当然ブラックですが、なにより非常にスポーティーです。

このスポーティーな格好良さを求める人なら、

やっぱり黒いシートがいいかもしれません。

 

グレー(灰色)のシートは汚れが目立たないけど平凡

とすると、やっぱりグレーが最強なのでしょうか?

以前に、車のボディーの色についてもブログに書きました。

https://audi-journey.com/yogore-car-silver/

確かに、汚れが目立たないという意味ではグレーは強いと思います。

シートもグレーの方が先ほどのような靴が擦れた時の、

土・泥汚れ的なものは目立ちにくいです。

 

ただし、グレーは非常にありふれた印象になります。

とくに車の天井などの内装色もグレーが多いと思いますが、

グレーの内装にグレーのシートですから、

メリハリがなく同化してしまいます。

 

ウチは以前に妻が乗っていたA3スポーツバックがグレーのシートだったような記憶があります。

さらに、シートの柄が千鳥格子だったので、なおさら普通な感じでしたね。

(驚くことに、内装の写真が一枚もない・・・。苦笑)

 

というわけで、機能性を重視するならばグレーはベターな選択かと思いますけど、

見た目、デザイン性、特別感のようなものを求めるなら、

かなり物足りなさを感じるかもしれませんね。。。

 

白系、ベージュ色のシートは明るく広い印象

僕が気に入っているシートの色は2つあって、

1つはホワイト系です。

ホワイト系はとにかく車内が明るく感じます。

たまに車に乗る時に「運転がだるい時」ってあると思いますが、

そんな時も、なんとなく気分が明るくなります。

 

あと、気のせいかもしれませんが車内が広く感じます

以前の妻の車が初代のアウディA1でしたが、

その時にホワイト系のシートでした。

足元のフロアマットも純正のホワイトのものを採用しました。

このおかげで車というよりも、まるで室内にいるような、

ホッとした空間になったような気がします。

 

それに、気のせいかとは思いますが、

アウディで一番小さなA1ですが車内が広く感じました。

白色は膨張色なので、広く見えるのかもしれません。

 

ちなみに、アウディでもっとも大きなQ7に乗っていた時も、

同様にホワイト系のシートにしました。

A1よりも黄色っぽいベージュ感の強いホワイトです。

もともと広いQ7でしたが、さらにゆったり感が出てます。

室内にいるようなリビング感が出ていると思います。

 

ちなみに靴の跡などの泥の汚れは目立ちませんでした。

その代わり、髪の毛やゴミ的なものは目立ちます。

そこは白いフローリングと同じですね。。。苦笑

あと、注意事項として、A1もQ7もシートはどちらもレザーだったことです。

もしもファブリックだとしたら、

なにかをこぼしたりして一度シミがついてしまったりすると、

白はかなり目立つと思います。

なので、個人的には、白系のシートにするならレザーにした方が良いかと思います。

 

ブラウン色のシートは外から見ても格好良い!

さて、僕が一番オススメというか、大好きなのはブラウンです。

個人の好みの問題でしょうけど、本当に格好良いです。

上の写真はBMWの5シリーズです。

少し赤みがかった明るいブラウンなので、かなり目立ちます。

茶色にも種類があるんですよねー。

 

ちなみに、僕がブラウンが格好良いと思う理由はもう一つあって、

それは車を外から見た時にもブラウンが見えて格好良いからです。

あまり昼間は車の中まで透けて見えにくいのですが、

それでも明るいブラウンだとけっこう見えますし、目立ちます。

 

ちなみに白いシートも同様に、外から見ると割と目立ちます。

やっぱり昼間の太陽が当たっているときよりも、

車庫のような室内とか、日陰とか暗い時の方が車内は目立ちます。

ちなみに2代目のアウディTTの時は赤身の入らないダークなブラウンでしたので、

あまり外から見てもシートの色は見えませんでした。

車の近くまでくると「あ、ブラウンだな」ってわかる感じですね。

 

汚れもあまり目立ちませんし、

何より、リビングのソファーのような感じで落ち着きますし、

あと、ブラウンは高級感もあって格好良いです!

でも、この色ってなかなかオプションで設定されてないのがネックなんですよね。

少し大きめのセダンとかならよくあると思うんですが、

コンパクトサイズの車だと選択肢にないこともあります。

 

なので、最近はオーダーメイドのシートカバーも質の高いものが多いので、

どうしてもこの色にしたい!って色がある場合は、

シートカバーでも良いかもしれませんね。

Twitterでフォローしよう