注目記事
2歳くらいなら犬の方が偏差値高い

上の写真は家にやってきたばかりの頃のタヌコさんです。

これは「ワオーン(御意)」と言っている時の写真ですが、下の歯が見えるのがかわいですねー。

しかし子犬って、すごく手がかかるんですよー。

もちろん、人間の子供ほどではないですけどね。

 

我が家の犬は賢いのです

人間と違って、すぐに自立してなんでも自分でやるようになりますからね。

申し遅れましたが、うちにはコロリという後期高齢者犬と、タヌコという子供の柴犬がいます。

親子ではありませんし、血のつながりはありません。

ある日突然我が家にやってきたんです。

 

まあ、「一人暮らしの不愛想な婆さんの家に、いたずら好きな幼女が転がり込む」という、

ジャンレノの映画にありそうでないシチュエーションを思い浮かべて頂ければ幸いです。

さて、そのタヌコですが、けっこう賢いんですよ。

あまりに賢いのでウチの妻はウルスラ学園に入れると言ってます。

ウルスラっすよ。

 

誰も教えてないこともできちゃう!

それはさておき、だれも教えてないのに、「お座り」をするんですよ。

ご飯をあげるときも、ちょこんと座ります。

悪いことをして、「コラ!」っていうと、座ります。

 

まだ子供なんで、人間の手をかじったり(甘噛み)するんですが、

「コラ!」ってやると、お座りをするか、一転して手をなめてきます。

媚びを売るかのようになめてくるんで、

「お、おいおい、わかった、わかったよ、もういいよ。」

って感じになるんですが。。。

 

「本能から遠ざかっている」のは賢い証拠?

でも「かじるのはNG」で「なめるのはOK」という思考回路が出来上がっているところが、微妙なんですよ。

だって、人間だったら間違った思考回路ですよね。

いきなりかじってくるオッサンがいて、「コラ!」と言ったらなめてきたら、嫌ですよね?

なので、犬としての思考回路としても、正しいのかどうか迷うところなんです。

 

ところで、普通、犬って食べてる時とか寝てるときに手を出したりすると、猛烈に怒ったりしますが、タヌコは怒らないんですよ。

例えば、後期高齢者のコロリさんは寝てるときに背中をなでたりすると、

「ウゥーワォーン!!」

と我々人間を一喝すると同時に強烈に噛んでくるんですよ。

 

でも、タヌコは怒らないんです。

普通なら、とっさに反応して攻撃態勢を取らなければならないはずです。

なので、少しばかり本能から遠ざかっているんですよね。

本能を超えた反応を身に付けたということで、それはつまり、賢くなったということだと思うんですよね。

人間の2歳児なんかより賢いと思いますよ。笑

 

ウルスラ学園に入れます。絶対

でもタヌコが寝てるときに、自分がくしゃみなんかしようものなら、この顔です。笑

なんでしょうね、この顔は。

ウルスラ学園に行く予定なんですけどね。

面接とかでこんな顔して大丈夫っすかね?

不安です。

f:id:tanukorori:20170824030911j:plain

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事