AUDI A1 納車で一番喜んだのは自分…

ついにA1が納車されました。

嫁車ではありますが、なんだか自分の事のように興奮しましたね。

そうです、一番喜んでいるのはきっと自分。。。

 

AUDI A1納車

納車したのは、A1の 1.4 TFSIです。

ところで、当時A1は標準モデルと、スポーツパッケージとコンペティションパッケージと3種類ありました。

妻は自分と違って車での長距離通勤なので、足回りの固くない標準モデルを選択しました。

とはいえ、そこはドイツ車ですから、意外に固い足回りです。

今までディーラーの在庫車はほとんどがスポーツパッケージ装着車だったらしく、標準モデルはまだあまり出回ってないようでした。

確かに、スポーツパッケージを付けないと、いろいろと気になる部分は出てきます。

一番大きな気になる点は足回りで、15インチのアルミのデザイン。

うーん、許容範囲ではありますが、ちょっとイマイチ。

でも、乗り心地優先ですから、その意味ではベストセレクトかと。

 

A1の装備や内装いろいろ

次は、マフラーカッターです。

標準だと、軽自動車のような細くて黒い鉄?のような素材で2本出てる状態。

さすがに、これはマズイのでオプションで付け替えました。

つぎは、シートです。

スポーツパッケージのファブリックシートは、けっこう格好良いのですが、

標準モデルのシートは、これまた貧相なので、これもレザーパッケージを付けました。

色は、車内がぱっと明るくなるような「ベージュ」のレザーです。

A1の後期が出るくらいからは確か廃盤になってしまって、

今のA1にはベージュのシートの設定はないと思います。

これは、大正解だなと思いました。

担当氏いわく、納車の日は、午後からディーラーのプレゼンルームにA1を置いておいたのですが、

お客さんがプレゼンルームに覗きに来ていたみたいで、

「これは特別仕様車ですか?」って言われたそうです。

ベージュのレザーの設定は当時でも珍しかったみたいで、ちょっと嬉しくなりました。

後部座席も当然ベージュのシートです。

すごく格好いいです!!

自分の車ではないんですけど、自分が乗りたくなるという、そんな感じです。

 

乗り心地、走行性能はどうか?

高速でぐっと踏むと、予想していたよりも加速がよく、これは面白い!と思いました。

しかも、車体が小さいので実際の速度以上に「スピード感」がすごくあります。

なので、運転していてとても楽しいのです。

乗り心地は初期型だったので、現在のA1ほど「しっとり」した感じはなかったですが、かなり満足できるレベルでした。

購入当初は、「まあそこそこかな」という感じだったのですが、嫁が出張中だったりすると、A1に乗ってコンビニや本屋に出かけたりしました。笑

そうして運転しているうちに、うーん、けっこう乗った感じいいなあ…と思ってきたんです。

それがさらに良くなったのは1年点検の時でした。

 

1年点検で生まれ変わったA1

A1がやって来た時に、非常に気になったのがダッシュボードの運転席側から聞こえてくる妙なビビリ音。

これが異様に気になったのですが、1年点検の際に指摘したら治りました。

そういうこともあるんですねー。

あと、ここからが重要なのですが!

同じく1年点検の時に、ネジというかボルト類でしょうか、全般的に締めてもらったのです。

そしたら、これまた今までに増して、カッチリでシットリな走りに生まれ変わったんです!

正直言って、こうも変わるものかと、ビックリした次第です。

スタッフさんに「なにをしたんですか?」 と聞いてもねじを締めただけとのことなので、そうなんだろうと思いますが。。

ちょっと別の車かと思うほどの変わりようだったので、車ってそういうものなんだなあと、思ったものです。

 

ディーラー試乗車は特別な調整をしているのか?

ところで、ディーラの試乗車もけっこう乗り心地が違います。

今までに試乗した車は、ほぼすべて、購入後の自車の乗り心地と、けっこう接地感や剛性感が違います。

同じ仕様なのにおかしいですよね。

営業さんに聞いてみたんですが、どうもイマイチよくわからないみたい。

しまいには、「ディーラー付近の道路の方が整備されていてフラットだからではないか?」なんて言われたり。苦

いやいや、そこまで田舎の道路はデコボコではありません。(失礼な!笑)

 

Twitterでフォローしよう