AUDI Q3(新型)やばい、これもほしい!笑

つい先日、フルモデルチェンジした新型のAUDI A1の記事を書いたんですが。

こちらです。

まもなくして、同じくフルモデルチェンジしました、AUDI Q3の新型が本国ドイツでお目見えです。

そうそう、そういえば初代のA1が出た後も、続けてQ3が出たんでした。

でも、前回はA1が出たあと、ずいぶん経ってからQ3だったように思いますが、今回はたて続けですね。

 

夫婦二人のベストな2台は、A1とQ3だと思う

あの、もちろん、まだTTもA3セダンも乗ります。

自宅は新築中だし、今のような色々とお金が必要な状態で、車なんか買えませんし。苦笑

でも思うのですが、うちにとってのベストな2台はA1とQ3ではないかと。

妻がQ3で、僕がA1って感じです。

妻がQ3なのは、今回のQ3は安全装備が充実しているのと、「クワトロならスタッドレス不要じゃないの?」的なセコイ企みもあります。苦笑

(いや、スキーにも行くしスタッドレスは必要か。苦笑)

僕がA1ってのも、理由は前に書いた通り。

やっぱり、TTは「もったいない感」が大きいんですよねー。

だって、メインは犬の散歩用途ですから。苦笑

[blogcard url='https://tanukorori.com/audi-a1-nidaime/' width='' height='' class='' style='']

もちろん、レジャー用でもあるので休日は活躍できます。

でも、やっぱり出動回数は少なめ。

それに横幅の広いTTですから、狭い駐車場とか気を使うし、なので、狭い道とか狭い駐車場の店に行くときはA3です。笑

 

Q3がほしい理由(1)車中泊できるじゃん

さて、夫婦どっちがどっちの車に乗ろうと、基本どっちでも乗れます。

なので、もしも妻の車として購入しても、きっと僕もQ3に乗りまくると思うんですが。苦笑

そんな僕が今回、Q3がいいなあと思った理由。

それは、AUDI Q3のWEBサイトで、こんな絵が眼中に飛び込んできたからです!!

なんと、後部座席を倒すとフラットになって、横に寝っ転がれるというこの広さ!

Q3は小さいSUVだと思っていたのに!

これなら車中泊ができるではありませんか!

いやいや、車中泊はもう年齢も年齢なのでキツクなってきてるって書いたばかりですけどね。苦笑

でも、車中泊ができるという可能性だけでも維持できればうれしい!そんな感覚であります。笑

 

Q3がほしい理由(2)安全装備が充実

さて、次にほしい理由は、新型A1の時と同じ理由。

安全装備の充実です。

A1と同様に、レーダーで前方の歩行者や自転車など感知できる、かつての高級車並みの機能が装備されているようです!

もちろん、ACCなどの機能は普通についているようです。

でも何より嬉しいのは、360度モニタが付くことです。

これ、シトロエンのC4グランドピカソにもついていたんですが、かなり便利です。

超・狭い駐車場でもこれがあると簡単に車庫入れできます。

狭い道もそうですし、何処へ行くにも360度モニタは超・便利で、まさかQ3に装備されるなんて!

いや、これは絶対オススメです。

 

Q3がほしい理由(3)バーチャルコックピットやタッチパネル

その他、Q3がほしい理由はA1と同様に、バーチャルコックピットとタッチパネルです。

バーチャルコックピットは、これはもうAUDIなら必須です。

上でも書いたように便利なので絶対にオプションで付けた方がいいです。

タッチパネルも前にも書きましたが絶対にクルクル回すタイプより使いやすいと思うんですよね。

やっぱり、便利な方がいいです。なにごとも。笑

もうこのタッチパネルの流れはこれからの主流になるんですかねー。

あと、A1もそうですが、この情報はドイツ本国の情報です。

日本向けでもここまでの装備が付いてくるかどうかは不明です。

でも、それを期待して書いております。笑

 

しかし、新型Q3の問題点(1)・・・でかい!

さて、そんなQ3ですが、問題もあります。

まあ良いことなのか悪いことなのか微妙なのですが、車体が大きくなったこと。。。

広くなれば本来は嬉しいことではあるのですが。。。

しかし、ちょっと大きくし過ぎではないかと。。。汗

なんと全長が、10センチも長くなったのです。

そして、幅も2.5センチ広くなりました。。。

僅かな差だと思われるかもしれませんが、これ、けっこう大きく見えるはずです。。。

非常に微妙です。

小さいSUVとはいえ、街中で走っているのを見ると、大きく見えるQ3。

以前にQ5やQ7に乗っていたときには非常に小さく見えたQ3ですが、比較せずに町でふと見かけると決して小さくはないです。

きっとQ2とのモデル間のバランスとの兼ね合いで大きくしちゃったんでしょうねえ。

うーん、考えどころです。

 

もう一つQ3の問題点(2)・・・デチューンバージョンのエンジン

もう一つ問題があります。

それは、わざわざデチューン(性能を落とした)したエンジンを用意していることです。

これ何の意味があるんでしょうかねー。

初代Q3と同様に、FF、クワトロ、クワトロ(デチューンバージョン)の3種類のラインナップだそうです。

なにそれ、デチューンバージョンって必要? FFとクワトロの2本立てでいいと思うんですけどねえ。

だって、買う時に迷うじゃん!!

FFとクワトロのあいだに、わざわざ、性能を落としたエンジンを用意するのはなぜなのか。

バランスがいいのかな!?苦笑

いやー、でも、乗ってみないとフィーリングってわかりませんしねえ。

乗ってから文句を言いましょう。笑

というわけで「AUDI Q3」ですが、A1とともに日本上陸したら、試乗に行こうと思います。

楽しみですね。

Twitterでフォローしよう