アウディSQ2試乗と、コーティング性能の話

妻のアウディQ2なのですが、

定期点検の時期がやってきました。

そこまでは毎年のことなのですが、

今回は特別でした。

 

な、な、な、なんと!

代車にアウディSQ2がやってきたのです!

 

たまたまタイミングが合ったんでしょうけど驚きました。

以前にTT(8S)を購入する際に、S3には試乗させて頂いたことはありましたが、

代車で「S」モデルをご用意頂いたことは初めてです。

 

というわけで今日はアウディSQ2に乗った感想・レビューのブログです。

あとコーティングについて、なんとなく気になっていたことなども書いてます。

それでは以下、お楽しみください。

 

2年目定期点検&タイヤ交換でSQ2が?

アウディQ2の定期点検と、冬タイヤから夏タイヤへの交換のため、

その日は朝からディーラーヘ向かいました。

 

そしてディーラーにつきますと駐車場にSQ2が置いてあることに気が付きました。

 

たいがい駐車場に代車も置いてあることが多いので、

「もしや代車がSQ2では?」と少し期待しましたが、

でもお客さんの車かもしれませんし、まだわかりません。苦笑

 

席に案内されまして、エスプレッソを飲みながらしばし待ちますと、

ふと正面のトレイに置いてある代車のキーが目に入りました。

ま、まさか、これは!

アウディSQ2では!?笑

その「まさか」でした。

今回の代車はアウディSQ2だったのです。

 

アウディSQ2の試乗フィーリング

というわけで点検&タイヤ交換の間、

たっぷりとSQ2を楽しむことにしましょう!笑

 

しかも今回は翌日の朝までお借りすることができるとのこと。

これは楽しみですね、ワクワクが止まりませんね。

 

と思ったらあいにくの曇天で今にも雨が降り出しそう。。。苦笑

雨が降るまでの短時間ですがレビューしたいと思います。

SQ2は足回り硬めです

まずはとりあえず、最初に乗ってみての第一印象なのですが、

かなり足回りが「硬い」なと思いました。

実際、今乗っているQ2よりも硬いのは間違いありません。

そこはさすが「Sモデル」ですね。

足回りの硬さは好みが分かれるところかもしれませんが、

ただ硬いだけでなく、しなやかさも持ち合わせてますので、

個人的には好きな感じですけどね。

 

ただ、硬さの裏返しで路面の凹凸を拾いやすいのは仕方ないとして、

SUVということもあってか、少々揺さぶられ感がありましたね。

元々車高は高くないので、大きく気になるほどではありませんけどね。

SQ2はスペック的にはTTクワトロよりも上

でも何よりも、やっぱり「速い」ということが一番ですねー。

さすがSモデルだけあって、加速はすさまじいです。

 

ドライブセレクトで「オート」から「ダイナミック」モードにしますと、

より加速力を実感できます。

ちなみに以前に乗っていたTTも速かったのですが、

エンジンのスペック的にはなんとSQ2の方が上なのです。

以下、比べてみますとこの通りです。

 

<アウディTT クワトロ(8S)>

排気量 1984cc

馬力 245PS

トルク 37.7

車重 1420kg

 

<アウディSQ2>

排気量 1984cc

馬力 300PS

トルク 40.8

車重 1570kg

 

ただしSQ2の方がTTよりも車重が150kgほど重いんですよね。

なので結果として同じくらいの速さなのかなと思ったら違いました。

SQ2の0-100加速は驚愕の4.8秒だったので、

うん、やっぱりTTよりも断然に早いですね…。汗

https://audi-journey.com/audi-0-100km-h-kasoku/

スピード感を感じさせない不思議

とはいえ不思議なのですが、SQ2に乗っていても、

さほどスピード感を感じないのです。

 

TTの時は乗ってすぐにスピード感を感じるくらいでした。

TTSでもTTRSでもないし、普通のTTのクワトロでしたが、

エキサイティングな車だったです。

が、今回はSQ2ですし、つまりSモデルなのですが、

でも、あまりスピード感を感じないのです。

もちろん、ガッと踏み込んだ時の加速力は凄いんですよ。0-100が4.8ですからね。

 

思うに、SQ2はTTのように車高が低くないことが原因なのかなと思いました。

車高が低い車は必然的にスピード感を感じやすいですからね。

あとはエンジン音でしょうか。

TTの時は普段からダイナミックモードだったこともありますが、

かなり車内にボンボンとエンジン音が聞こえてエキサイティングでしたが、

SQ2はTTと比べると静かだと感じました。

(まあ、一回しか乗ってないので記憶があやふやですけど。)

 

それでも、アクセルを少し強めに踏み込むと強烈な加速と、

TTの時と同じく「プシュ!」っというブリッピング音もします。

「おぉ、やる気が出る音だ!」と思いつつ、

このブリッピング音も少しTTよりも抑えられている感じがしました。

少なくとも一般道を走る時にはSQ2に乗ってるとは思えないですね。

静かにスッと素早い加速ですが、常識的な加速ですし、

TTのような派手なエンジン音は聞こえてきません。

 

なので、普段はゆったりと静かに走りたいけど、

高速での加速や追い越しだけはストレスを感じたくない人にはピッタリなのかもしれませんね。

SQ2の見た目などの印象

最後にSQ2の見た目について。

はい、もう言うまでもなく格好良いです。

やっぱSUVの後ろ姿のガッチリ感は自分的黄金比ですね。笑

晴れていたらよかったんですけどね、

いつもの撮影場所でミニ撮影会です。

休日は大混雑な場所ですが、ちょっと曇ったら誰もいませんでした。笑

マフラーも4本出しで、Sモデルのスタイルになってますね。

 

車内もさすがSモデルらしく黒が基調で格好良いです。

シートにもステッチ(白の縫い目)が入っていて、ピシっとしまった印象。

運転席もSLINEのロゴが入ったスポーティーシートになっております。

一部ファブリックなので滑りにくくて運転しやすいです。

そして足元にはS-LINEのアルミプレート(ライティング付き)がついております。

これは現車のA3にも装備されてますがお気に入りポイントの1つです。

そしてバーチャルコックピットもSモデルならではの、

このタコメーターオンリーの表示もセレクト可能。

もちろん、表示の切り替えはできるのですが、

こっちのほうが「やる気」にさせてくれますよね。

左右にナビや情報もたくさん表示できますしね。

オプションが多いのが難点?

いいですねーSQ2。

もう自分も若くないですから、

TTに乗るのも勇気が必要だなって思ったこともあります。笑

この前も赤のTTと田舎道で遭遇しましたが、

やっぱり「超」が付くほど目立ってるんですよね。笑

 

となりますと、見た目は小ぶりでかわいくて、

静かでジェントルに走ることもできるSQ2は気になります。

タヌコさんも落ち着いて乗りたい派ですからね。笑

そう思ってアウディの公式サイトで仕様と価格などを見ますと、

Sモデルなのですが割と標準装備が少ないんですね。。。

ナビやバーチャルコックピット、オートマチックテールゲートなどもオプションでした。

なので、定価よりも実際は高くなっちゃうのかなと思いました。泣

 

それなら電動シートとかマトリクスLEDをオプションにしてほしかったなあ~。

このとおりシートは手動です。

そして、マトリクスLEDではないのでウインカーも流れません。

まあ、流れなくてもいいのですが、マトリクスLEDはホント機能的で便利なので、

やっぱり、ぜひオプションで選べてほしいところですねー。

前から書いてますが、アウディもメルセデスベンツのように、

クラスに関係なく便利装備は実装してほしいなあと思いますね。

 

とはいえSモデルなので、走り目当てオンリーで購入される人もいるでしょうし、

そういう人にとっては便利装備は不要なのかもしれませんけどね。苦笑

 

コーティングの耐久性が2年だった件

さて、SQ2にすっかり心を奪われてしまいましたが、

本来の目的は妻のQ2の2年目点検です。

 

今回、いつもの担当営業さんに接客が入っていたので、

代わりにメカニックさんが出てこられて対応いただいたのですが、

その際にコーティングを今までになく熱心にオススメされました。

 

最初は「え、コーティング?」と思いながらも、

一瞬わけわからず「はい。」と答えてしまったのですが、

でも、その費用はボディとガラスとホイールで数万円です。苦笑

いやいや、ちょっと待って!

今まで10年以上アウディに乗ってきて、

2年目でコーティングなんてしてこなかったぞ!?

と思いメカニックさんに質問します。

 

「今までは納車時にしかコーティングはしてませんでしたが、

なぜ今回だけ2年目でコーティングが必要なのですか?」

 

すると、理由は簡単でした。

コーティングの耐久性(寿命)が2年なのでした。。。

 

すっかり忘れていました、っていうか、記憶にすらありませんでした。

いつも担当営業さんにはここまで熱心にオススメされなかったのですが、

もしかしたら最初に説明があったけど僕が忘れていただけかもしれません。苦笑

交換用ワイパーをもらえる謎が解けた!笑

改めて営業さんにコーティングについて聞いてみましたら、

ヤナセのコーティングは性能が良いので完全に落ちてしまうわけでもないので、

必ずやらなければならないほどでもないとのことでした。

 

確かに、今までも2年の寿命が過ぎても水洗いだけで汚れは落ちましたし、

水垢など擦っても落ちない汚れが付くこともありませんでした。

なので、コーティングはまだしなくてもいいなという結論になりました。

 

まあ、耐久性が3年のプレミアムなコーティングもあるみたいですけどね。苦笑

これで、あと一つの謎も解けました。

いつも2年点検後に交換用ワイパーを無償で頂けるのですが、

どうせなら交換してくれればいいのになと思っていたのです。

 

でも、窓ガラスにはコーティングが施工されているので、

ワイパーにも専用コーティングをしないといけないらしいのです。

ワイパーにもコーティングをしないとガラスとの摩擦でビビってしまうようなのです。

ドイツ車はワイパーの圧力が高いですしね。

じゃあ、ワイパーにコーティングしてから交換してくれればいいのにと思ったら、

ワイパーへのコーティングはボディ&ガラスコーティングの際にするものであって、

ワイパーだけ単独でコーティングするサービスは無いということなのです。

 

なるほど、そういうことだったのか!

今までさほど気に留めてなかったことでしたが、

明確になってスッキリしました・・・。苦笑

 

オマケ「アウディA1 シティーカーバーエディション」

これはオマケなのですが、

当日ディーラーに行きましたら、ひときわ目立つ車が展示されてまして、

なにかと思ったらアウディのA1だったのですが、

ただのA1ではありませんでした。

前回のブログでも紹介しました、

アウディA1 citycarver limited editionでした。

https://audi-journey.com/new-audi-a1-sijo/

A4やA6のオールロードのA1バージョンみたいな感じですね。

実物を初めて見ましたが、かなり格好良いです。

しかも驚いたことに後部に「citycarver」のバッチがついてますよね。

限定車にも専用のバッチが付くんですねー。

もしかして、オールロードとかと同じ「定番ライン」になるんでしょうかね。

よくよく見るとSUVならではのボディの黒いラインも、

プラスティッキーな樹脂ではなく、ボディと同じ素材に黒の塗装なので、

とても質感が高く感じますよねー。

アルミホイールも格好良いですし、やっぱ限定車はおしゃれで個性的でいいですね!

 

というわけで今日はSQ2の試乗レビューでした。

みなさまのご参考になれば幸いです!

Twitterでフォローしよう