TTから新型TTへの乗り換え(住み替え対策)

ここまで一気に今までの愛車遍歴を綴ってきましたが、やっとのこと現在時点までたどり着きました。

2017年の現在で、我が家はA3セダンとTTでの2台で、楽しいカーライフを送っております。

 

ドアパンチ1回、飛び石2回、パンク1回

前回も書きましたが、A3のスポーツバックで飛び石とパンク。

TT(8j)で、飛び石とドアパンチ。

ちょっと嫌なことが続いたので、神社に持って行ってお祓いでもしようかとか、いろいろ考えたんですが。笑

ただ、A3の方は、まもなく車検だったのです。

なので、A3はもう買い替えちゃえ! と思いました。

あと、問題はTTです。

新型のTTが既に出ていたので、いわゆる「型落ち」モデルになってしまってます。

なので、一緒に買い替えちゃおうかなと思ったんですが、でも、どっちかというと、新型TT(8S)よりも、旧型のTT(8J)の方が見た目が好きなんですよね。

どうも最近のAUDIは、Qシリーズを筆頭に、カクカクなデザインになりつつあります。

新型TTもヘッドライトのあたりとかカクカクな感じなので、どうかなあと思っていたのです。

 

旧型TTは9年も続いた人気モデル

ところで、旧型のTT(8J)は、人気モデルだったみたいで。

早い車種なら7年でフルモデルチェンジするんですが、9年もそのままだったのです。

確かに、見た目的に古さを感じません。

実際、新型よりも好きな形です。

ただ、やはり9年という歳月ですがら、基本設計が古いです。

この点は、Q7の時と同じですね。

例えば、キーレスが付いてないとか、装備が貧弱で、かなり残念なレベルなのです。

A1でもキーレスですからね。

妻がA3に乗ってますから、それもあって装備の面で見劣りがしたのは間違いありません。

やっぱり、長く乗ろうと思ったら、装備の充実は必須ですね。。。

見た目は「超・完ぺき」なんですけどねー。

 

実は家を作り直したい!

そんな時、住友林業で家を作り直す計画が持ち上がっていました。

今の家は、積水ハウスの家で、とても良い家なんですが、いかんせん土地選びを誤ってしまって、もう少し緑の多いところに住めばよかったなと。

犬も体調を崩しましたし、庭で走り回れないし、自分自身も国道の騒音や振動など、ちょっと気になっていました。

もちろん国道沿いなので、ビジネスにはいいのですが、住むには厳しい感じなのです。

実際、ビジネスと言っても、自分の場合ITですし、パソコンが1台あればどこでも仕事はできますからね。苦笑

 

ただ、家を建てる際には、以前にもブログで書きましたが、住宅ローンを使わないといけません。

現金でポンと家を購入できれば良いですが、そんな大金持ちではありません。。

ただ、住宅ローンは、車のローンがあると、借りることができる金額がガクンと減ってしまうんです。

結果として、「希望通りの家を建てたいけど、銀行がその半分しか貸してくれない」みたいなことが起こってしまうのです。

それだけは避けねばなりません。

 

個人所有の車はなくしちゃおう

そこで思ったのが、今回、自分個人が所有しているAUDI TTは、やっぱり売っちゃおうということです。

けっこう月々のローン金額もありましたしね。

しかし、残債もかなりありましたから、TTを売っても残債が残ります。

まずは、それを一括で支払ってしまいました。

(じつは、これ、かなりの出費でした。。。)

次に、自分の新しい車をどうするかですが、個人所有でなく、法人で購入することにしたのです。

法人で購入する場合も、個人で購入する時と手続き的には何も変わりません。

ただ、現金で購入できるかというと、さすがにそれは厳しいので、法人の車ですが、ローンで購入となりました。

でも、住宅ローンは法人のローンは借入限度額に含めないんです。

なので、先ほど書いたような、「希望通りの家を建てたいけど、銀行がその半分しか貸してくれない」みたいなことは起こらないのです。

もちろん、法人が車を買った結果、赤字になったら話は別です。

法人が赤字だと住宅ローンは借りられませんから要注意です!!

というわけで、新型のAUDI TT、購入となりました。

Twitterでフォローしよう