ドッグランを庭にDIYで手作りする方法

さて、当初ブログで「犬と暮らす家」計画と称して、

住林さんで家を新築をするにあたり、

タヌコロ(犬)たちのことも考えた家にしようと決意しました。

具体的には次のようなプランを考えていました。

 

(計画1)30坪の平屋で、夜のゴールデンタイムはゲージから解放!

(計画2)庭をドッグランにして、犬たちも太陽を浴びて健康的!

(計画3)フローリングは「なぐり調」で犬の足にやさしく!

(計画4)テラスに犬専用のシャワースペースを作る!

 

こちらの4つの計画は、すべてが実現できました。

次のブログで結果を報告しております。

今回は、最初の4つの計画の中でもドッグランについて、

どうやって庭に作るか、ドッグランを作るまでの準備と考えたこと。

そしてドッグランはDIY可能かどうかについて書いてみました。

 

ドッグランを作るなら二階建てが好都合

ところで、住林さんとの打ち合わせでは諸事情がありまして(苦笑)、

途中から平屋から二階建てにプラン変更した我が家ですが、

むしろ二階建ては犬たちにとって好都合でした。

それは、平屋から二階建てにしたことで、

相対的に庭の面積が増えたことです

 

実際、我が家は分譲地を二区画購入したのですが、

二階建てにしたことで1区画がまるまる庭になりました。

つまり、庭を広くとれることが平屋と比較した時の二階建てプランのメリットです。

 

犬と暮らすのも2階建ての方が好都合?

こちらは余談でドッグランとは関係ないですが、

平屋プランから二階建てプランに変更したことで、

予期しないメリットがありました。

 

もともとは、家を平屋にして、

同一フロアでつながった広い範囲で犬たちを遊ばせる、

という計画だったんですが・・・、

でも、よく考えたら、家の中全てを自由に走り回られたら、

それはそれで困るんですよね。苦笑

 

土間に下りた足で寝室に上がられても困ります。

あと、毛の生え代わりの時なんかも、

布団に入ってこられたら毛だらけになっちゃうし、

畳なんか掃除が大変です。

 

それを考えると、2階建てにプラン変更したおかげで、

プライベートゾーンが2階に持ってこれるので、

1階をプレイゾーンに分けることができたのです。

つまり、2階建てにすることで、犬たちが遊びまわる範囲と、

清潔にしておきたい範囲を分けることができたのです。

これは、本当によかったと思います。

ドッグランを作るためだけでなく、

家の中で犬と暮らすにも2階建ては便利かもしれません。

 

庭をフェンスで囲えばドッグラン完成

さて、新築を機にドッグランを作るわけですが、

あまり難しく考える必要はないと思います。

世間の有料のドッグランみたいに本格的にする必要も全くないです。

(もちろん、そうしたいなら別ですが。苦笑)

 

基本は、犬たちが外に出てしまわないような「囲い」さえあればOK。

あとは、犬たちに危険なものをその「囲い」の中から排除して完成です。

ようするに、庭をフェンスで囲えば、もうドッグランです。

ちなみに広さですが、我が家は50坪くらいはあると思いますが、

感覚的に最低10坪あれば十分ではないかと感じます。

 

それに、そもそも分譲地の狭い土地ですから、

本気で走りたい時は公園で長いリードを使って走らせるとか、

または本当のドッグランに行けばよいかなって思います。

 

次に「囲い」の中ですが、別に一面を芝生の平面にしなくても、

樹木や花壇など障害物があっても良いと思います。

もちろん、木を犬のおしっこで枯らせたり、

花を引っこ抜かれたりしたくなければ排除した方が良いですが、

「しつけ」で教えてあげるという方法もあります。

 

それとウチの場合は、芝生に傾斜もあります。

その方が犬たちも楽しいかなと思ったのですが、

人間は少し歩きにくいですね。苦笑

でも、庭に個性が出て大正解だったと思っています。

ちなみにタヌコは傾斜で山になった少し高いところに、

ちょこんと周りを監視するかのように座ってます。笑

 

我が家の庭のドッグランの概要(約50坪)

以上のようなことを考えまして、

実際に完成した我が家の庭のドッグランをご紹介します。

 

こちらの、外構のWEB内覧会の記事の最後のチャプターで、

ドッグランについて書いてます。

ドッグランの仕様としては、約50坪の庭をフェンスで囲うのと、

出入り口の扉を2か所ほど設置しまして、

あとは、犬たちの足洗場所ですね。

 

ところで、実際にタヌコロたちが遊んでいるかというと、

はい、こんな感じで楽しそう(?)に駆け回っております。

まあ、駆け回っているのはタヌコだけでして。

後期高齢者犬のコロリさんは、

ノソノソしておりましたけどね。笑

ちなみに、犬たちも庭の花木やモノを壊したりということは(ほとんど)なく、

その意味で、「犬禁止区域」を設けずに、

庭全体をドッグラン(クローズな空間)にしたのは正解でした。

 

ドッグランは簡易フェンスで小分けに区切ると便利!

ところで我が家のドッグランは、2区画に区切られています。

上から見た写真で説明しますと、このように、、

テラス周りだけ「簡易フェンス」で囲っています。

こうすることで、飼い主は家の中のテラスの掃き出し窓から、

犬(タヌコロ)たちを目の届く範囲で遊ばせることができます。

もちろん、下記のように簡易フェンスを外せば、広い空間になります。

ただし、犬たちが死角に入ると、

窓から犬たちの様子を見ることができないのが難点。

あちこち歩きまわっているだけならいいんですが、

たまに家庭菜園や花を荒らしてないかなとか、

物置に置いてあるモノを食べてないかなとか、

道を歩く人を吠えてないか、お菓子を貰ってないかなど、

心配になることもあります。

 

なので、このようにテラス周りだけ、

写真のように小分けに区切ると便利なのです。

たぶんこれで10坪強くらいじゃないかなって思うんですが、

これくらいでも十分に犬たちが遊べる広さがあります。

 

ドッグラン用のフェンスじゃなくてもOK

ちなみに、小分けに区切るために使っているのは、

別にドッグラン専用のフェンスではありません。

プラスチック樹脂製のネットのようなフェンスです。

これは外構屋さんに設置してもらったんですが、

仕組みは簡単なので、DIYも可能だと思います。

 

ハードウッドの支柱を、フェンスブロックに差し込み、

そこにネットをひっかけているだけです。

こんな感じで金具を付けてます。

フェンスというか、樹脂製のネットはホームセンターでうってるそうです。

ロールで量り売りされているそうですので、必要な長さだけ購入すればよいかと。

このように、ネットを外した時も丸めて省スペースになります。

ちなみにハードウッドとはは固い木の総称でして、

これは確か「ウリン材」だったかな?

かなり腐りにくい木らしく、ウッドデッキとかにも使われているそうです。

で、支柱を抜くとこんな感じです。

フェンスブロックの穴の幅が広いので、

グラつかないように支柱の根元は工夫されてます。

フェンスブロックはこんな感じのモノでして、

独立基礎とか施工する時にも使うらしいですね。

と、まあ、このようにホームセンターにあるもので間に合っちゃうんですねー。

必ずしもドッグラン用のフェンスを高いお金を出して買わなくてもOKなのです。

ま、ウチは外構屋さんに作ってもらいましたが、

慣れてる人なら自分でDIYで設置できますね。

 

もっと簡単にフェンスを設置したい場合

さて、このように我が家はドッグランを簡易フェンスで二重に区切っているのですが、

この区切り位置、つまり境界線を変更したいなあと思ったのです。

 

わかりやすいように図示しますと、現状は、こうなってますが、

テラスから物置に行くのにフェンスをいちいち外すのが面倒だったのが一番の理由ですが、

もう少し目の届く範囲でタヌコロたちの活動範囲を広げてもいいなと思ったのです。

まあ、これくらいにね。

しかし、フェンスブロックを埋め込んだり、

ウリン材を買って来て支柱を作ったりするのは、

ちょっと時間がなくて大変です。

 

そこで何か代用品はないかと、

ホームセンターで見つけたのがこちらです。

タカショーの地中杭です。

これはかなり安定していて、地面に対して30センチほど差し込める長い杭になっています。

そこに、同じくタカショーの専用の支柱を差し込みます。

ちなみにタカショーってのは、外構パーツをたくさん扱ってる専門メーカーです。

支柱を挟み込むような取り付けパーツもあります。

ここに、ネットを引っ掛ければOKです。(さらに金具を付けてもOK)

こんな感じです。

ネジの出っ張りも引っ掛かるので、ネットは簡単には外れません。

ただ、ネットが横に長いと、ネットの真ん中あたりのがたわみます。

それが嫌だったので、ちょっと不格好ですが、

ネットに園芸用の支柱を挟みこみまして補強。笑

これでかなり「たわみ」もなくなって、横まっすぐにネットを張ることができました。

遠目で見ると、こんな感じで、うん、違和感なし!笑

でも、ネットの外に出入りするのに、いちいちネットを外すのって面倒ですよね。

そこで、ネットの一部をこんなゲートで代用!

これもホームセンターで買ってきたんですが、

これならネットを外さず、ちょっとずらすだけでネットの外に出入りできます。

あ、ちなみに、足は別売りです。

というわけで、かなり手軽かつ簡単にD、

IYでドッグランのフェンスを移動させることができました。

何事も工夫次第って感じですね。

 

本当はドッグランの入り口は二重扉が好ましい

というわけで、地中杭とネットで簡易ドッグランがDIYできるという話ですが、

でも、本当はもうひとつ工夫しておきたい点があります。

 

それは、ドッグランの入り口を二重にしておきたいって事。

つまり、こういうことです。

出入り口のアルミフェンス扉のさらにもう一つフェンスで区切っておきたいのです。

こちらのアルミフェンスの手前に、もうひとつフェンスがほしいのです。

ちょっと、わかりにくいかもしれませんが、

でも、ドッグランに行ったことがある人ならご存知ですよね。

ほとんどのドッグランでは入り口が二重扉になっています。

 

我が家は家の前の道は、けっこう車が通ります。

大型貨物通行禁止の標識があるのに、なぜか普通に大型トラックも通りますし(苦笑)、

員たちが誤って飛び出したら非常に危険なのです。

 

まあ、タヌコロたちも普段は逃げたりしないんですが、

犬は興味あるものにダッシュする性質があります。

とくに動くものについては敏感で、

自転車、走る人、野良猫、虫、鳥・・・

等を見つけると、いきなり猛ダッシュすることがあります。

なので、今回利用したツールなどを駆使して、そのうち二重扉にしようかなと思っております。

完成したら、またご報告し用と思います。

 

そもそもドッグランに行く必要ある?

以下、余談です。

我が家では庭にドッグランを作ってしまったわけですが、

「あれ? よく考えたらドッグランってそもそも必要か?」

って思っちゃったんです。

 

そもそも、ドッグランの目的ってのは、なにかと。

何が目的なんでしょうね?

 

普段の散歩では運動量が足りないから思う存分走らせたい、とか。

いろんな犬たちがいるので、犬がコミュニケーションの経験をつめる、とか。

そんな理由でしょうか?

 

でも、ウチの犬は公園に行くと、その辺のドッグランよりも広い芝生をグルグルと走り回ります。

リードが伸び縮みするタイプのもので、8Mまでは伸びますから、半径8Mの円を描くようにグルグル回るのです。

しかも全速力です。笑

ドッグランで運動する必要は全くありません。

タヌコさんは、とても筋肉質な乙女ですよ。笑

 

ドッグランで犬の社会性・社交性を養う?

もう一つの理由。

社交的な犬にするためのドッグランという説。

社交的、社会性のある犬にするため「犬たちとのコミュニケーション」は必須!

とよく言いますが本当でしょうか?

 

犬もいろんな人や犬と会わないと、人見知り(犬見知り)になってしまうそうです。

知らない犬を見るとすぐ吠えるとか、知らない人をかむとか。

なので、飼い主以外の人や犬、動物に慣らせておかなければならないのです。

まあ、これは一理あるかもしれません。

 

猫とか、吠えないようにしつけてますから、

最近は公園の野良猫にあっても大きく反応しなくなりました。笑

前までは、ウーって言って飛びつこうとしたたりしてたんですけどね。

でも、よく吠える犬って、けっこういますよ。苦笑

噛まないまでも、ワンワン吠えてくる攻撃的な犬。

いや、それって必ずしも攻撃ではないですからね。

 

吠えるなとか、噛むなとか、そういうものはしつけることができますしね。

それを考えると、ドッグランに行く必要ってあるか?って思うのです。

 

ドッグランって飼い主たちの社交場?

それに、ドッグランってのは、走り回るだけの場所じゃなくて、

どっちかというと飼い主たちの社交場なんですよね。

情報交換の場と言っても良いかもしれません。

 

本来は犬たちの楽しみの場所なんですが、

飼い主のためという目的も多分にあるように思います。

 

いや、実際には飼い主のためだけの場ではないかと思うこともあります。

だって、犬の様子を見ても喜んでいるかどうか甚だ疑問な時もありますし。苦笑

そもそも、よく考えてみたら昔はドッグランなどなかったわけです。

じゃあ昔犬たちはみんな狂暴だったかと言うと、どんなことないですよね。

今まで存在しなかったのに、現代になって急に、

犬の社交性や社会性を養うのに必須とか言われても、

それってなんだか怪しい理論です。苦笑

 

情報交換もネットでできる時代ですし、

ドッグランに行かなくてもまったく問題ないと思いますね。

むしろ庭をドッグランにしちゃった方がより楽しいですよ。

DIYも楽しいですしね。

Twitterでフォローしよう